「なんで私だけ・・・」@ニキビ

なんで私だけ、こんなにニキビで辛い思いをしないといけないの・・・

なかなか治らないニキビ、 次から次へと続くニキビ、 ・・・

ニキビの悩みで頭がいっぱいになり、「どうして私だけ・・・」と悲しくなってきます。

でもね。 悩んでるのは、あなただけではないんです。

あなたの身近にはいないかもしれませんが、顔中真っ赤になるほどのニキビに悩む人は意外に多いです。

タレントでもニキビ痕の分かる人いますよね。

悩んでるだけでニキビが消えるなら、いくらでも悩んでいたいところですが・・・

でも実際は逆。 悩みによるストレスは、ニキビにいいはずないです。

ニキビとストレスの悪循環を止めるために、どこかでニキビの悩みを克服しなければ!

ニキビが治って自然に悩みを忘れるなら、すごく簡単なことですが、ニキビが治ってないのに、その悩みを克服するって楽ではないですね。

でも、楽ではないからこそ、悩みを克服できれば相応に得るものもあるはず。

辛い悩みや経験を乗り越えた人ほど、魅力的な人が多いですね。

深い悩みは、長い目で見ると、心の成長のきっかけ。

悩んでるときは辛いけど、でもそれは試練の辛さ。 試練は乗りこえて、自分の力にしましょう。

「どうして私だけ・・・」と悲しくなってた悩みは、実は「私だけ」に与えられた成長のチャンスかも。

なかには、深い悩みをきっかけに、自分の本当にやりたい事に気づいたり、一生の仕事を見つける人だっています。

悩み方が大事です。自分で心を折らないで。

「なんで私だけ・・・」と鏡を見て悩んでるだけでは、気がつかない大事なことがあります。

ニキビとの向き合い方にはコツがあります。

ニキビって、「イヤだな」「困ったな」「どうしよう」と思うほど、心の中で存在感が、どんどん大きくなります。 その分、余計に悩みも膨らみます。

逆に、ニキビから意識を遠ざければ、ニキビの存在感は小さくなります。 すると心にも余裕が生まれます。

不思議ですね。 ニキビの状態は変わらなくても、気持ちしだいで心の中のニキビの存在感は大きくなったり、小さくなったり。。。

だからニキビを気にし過ぎないよう、心の誘導がポイント。 自分の心の操縦です。 例えばね・・・

  • 何か夢中になれるものを見つける。
  • 「ニキビじゃなく、もしヤケドだったら・・・」と少しリアルに想像してみる。「ニキビぐらいでよかった」と思えるかも。
  • 自分のいいところ・気にいってるところを、たくさん挙げて気分直し。


心の元気を取り戻して、ニキビと上手につきあう

心が元気になれば、前向きな考えにもなれます。

まずは心を元気にして、ニキビケアも前向きに乗り切りましょう。

医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
「b.glen誕生秘話」が面白いですし、「喜びの声」に元気がもらえます♪

******* ******* *******

ピックアップ トピック

プロアクティブのニキビケアをチェック
プロアクティブのニキビケアといえば、真鍋かおりさんや、小倉優子さんのテレビCMなどでお馴染みのニキビケアですね。ものすごく売れてるニキビケアです。 「日米売上実績No.1」というフレーズが印象的ですね。もちろん「売れてるから、いい!」とは限りませんが、売れるにはそれなりの理由があるはずです。.....

ニキビで近くから顔を見られたくない!ときの対処
「(ニキビがあるから)近づかないで!見ないで!」「今日はホントの私(俺)じゃない」~へこんだ気分のままでは、ツキもチャンスも逃しちゃう!~ところで実はそのニキビ、あなたが思ってるほど、ホントは大きくないんです。~気にすれば するほど、大きくなるニキビの存在感!~.....

ニキビ!なんで私だけ・・って悲しくなったときにどうぞ
なんで私だけ、こんなにニキビで辛い思いをしないといけないの・・・~悩んでるだけでニキビが消えるなら、いくらでも悩んでいたいところですが・・・~ニキビとの向き合い方にはコツがあります。~心の元気を取り戻して、ニキビと上手につきあう~.....

あなたが考えるほどそのニキビは気にされてない
そのニキビに一番厳しい評価をしてるのは、きっと【あなた】です!自分のニキビには、「イヤだ」「困った」「どうしよう」という思いが重なる分、厳しい評価をしてしまいます。みんなが、あなたと同じくらい、ニキビを嫌ってるわけではないです。 ニキビのことを、ほとんど気にしない人もいます。鏡で見るニキビって、実際より大きく感じ.....

男性より女性のほうが厳しいニキビへの評価
普段から肌への関心が高い女性だから ニキビには厳しい日常的にスキンケアが当たり前の女性だから、肌のキレイさや、ニキビに対する評価が、男性より厳しいのは自然なこと。女性のように 肌のチェックに厳しい目を持った 男性って そんなにいると思いますか? 例えば、メイクした女性の下地を 見極められる男性が はたしてどの程度いることか。。。そもそも肌.....


Copyright © 2007 スキンケアだけのニキビ対策に足りないことっ!. All rights reserved