ニキビケアは食事から

ニキビケアに食事は重要です。 よく言われてますね。

基本はバランスのいい食事を、決まった時間に摂ること。 つまり、健康的な食生活がニキビケアにもいいということです。

ニキビのことを思えば、脂っこいものを食べ過ぎたり、夜食などは控えたいところ。

とはいううものの、個人差ももちろんあるので、例えば夜食を食べたからといって必ずしも「ニキビが出る」とは言えないですね。 でも食事について注意しようという姿勢は、すごく大事です。

少しくらいの不摂生ではニキビが出なくても、「ちりも積もれば・・・」ともいわれます。

食事については、勘違いにも注意が必要です。

例えば、脂っこいものを避けようと、肉類を控えすぎたりすると、肌のもとになるタンパク質が不足することも。

勘違いが原因で、努力がマイナスに働いてはもったいないですね。

あまり考えすぎないで、昔ながらの普通の食事をすることが、一番なのかもしれませんね。

医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
「b.glen誕生秘話」が面白いですし、「喜びの声」に元気がもらえます♪

******* ******* *******

ピックアップ トピック

ビーグレンの『10-YB』を体験(ニキビが消えてく写真も♪)
ニキビケアセットで手応えの良かった ビーグレンから新しい商品が出たということで、さっそくビーグレンの公式サイトをチェック。新しい商品の名は『10-YB』。 2つのローションでスキンケアなんだそうです。 最初に目に入った『10年前の素肌へ』という キャッチフレーズに心動いて、さらに説明を読んでみると、ニキビをできにくくする成分も配合されてるみたい。 ふむ.....

肌のしくみを知ってニキビ対策
皮膚は大きく分けると上から、「表皮」「真皮」「皮下組織」で構成されています。 このうち「表皮」と「真皮」が毎日のスキンケアと深く関係しています。 美肌作りで大事な「表皮」と「真皮」について説明します。見た目の肌・・「表皮」顔の表皮は、0.1ミリ程度の厚さしかありません。その中でも肌の表面にあたるのが角質層です。その下には表皮細胞があり、一番下には基底層.....

ニキビのとき撮りたくない写真やプリクラでしたが・・・
ニキビで気の乗らなかった写真でも、意外にいいことも写真やプリクラって、いろいろな思い出が残ってうれしいもの。 でも、ニキビの状態によっては、あまり撮りたくない日もあったりして・・・。自分ひとりなら撮ろうなんて 思わないけど、お友達とプリクラを撮りに行ってニキビがひどいからといって「自分だけ入らない」なんてことは できない。で.....

あなたが考えるほどそのニキビは大きくない
そのニキビ、あなたが思ってるほど、ホントは大きくないかもそんなのウソだと思います? 自分の顔を鏡で見るのではなく、写真に撮って見るときっと気づきます。でもどうして? 理由があります。鏡でニキビを見るときは、「イヤだ」「困った」「どうしよう」とニキビに集中して見るため、あなたの意識がニキビを、めいいっぱいクローズアップしています。.....

なかなか治らないニキビ・続くニキビに負けない方法
長いニキビ生活で手に入れた、ニキビに負けない方法私のニキビは高校から。 20歳頃が一番ひどくて、ニキビで顔が真っ赤なときも。 30代の2児の母になっても、いまだにニキビとはつきあってます。(ニキビ痕も多いです。)風邪ならね。どんなに ひどくても何日かしたら 治って元気になれるのに、ニキビって治ってきたなぁって思っても、またで.....


Copyright © 2007 スキンケアだけのニキビ対策に足りないことっ!. All rights reserved