ニキビで写真もプリクラも憂鬱だったけど・・・

20歳のときが一番ひどかったニキビ・・・

写真を整理していたら、ニキビが一番ひどかった20歳のころの写真が出てきました。

ニキビが多くて、顔中が真っ赤になった写真です。

当時のことを思い出すと・・・写真やプリクラはいろいろな思い出が残ってうれしいけど、ニキビの状態によってはあまり撮りたくない日もあったりして・・・。

でも、お友達とプリクラを撮りに行ってニキビがひどいからといって「自分だけ入らない」なんてことは できない。ですね。

楽しく盛り上がった雰囲気に、水を差して つまんなくしちゃいますからね。 お友達との関係にも影響しそう。一番マズイパターンかも・・・

一番ひどいニキビ顔の どアップ写真は・・・意外に笑顔でした

写真整理で見つけた20歳頃の写真・・・ニキビが多くて、真っ赤になったニキビ顔が、ビックリするほど どアップで写ってました。

その時は飲み会だったと思います。 お酒の力もあったのか、ニキビのことなんかすっかり忘れていたんでしょうね。 とても楽しかった記憶があります。

この私の人生の中で一番ニキビがひどい時期を象徴する写真が、今では私の心の支え。

今でもニキビがでて、落ち込みそうになったとき、あの頃の写真をみると、「たいしたことないじゃん」って元気がでるのでした。

医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
「b.glen誕生秘話」が面白いですし、「喜びの声」に元気がもらえます♪

******* ******* *******

ピックアップ トピック

ニキビは皮膚科?
ニキビに悩んで皮膚科に行く人は多いです。 ですが、意外に病院だからといってニキビが治るとは限りません。ただ、すくなくとも皮膚科の医師に診てもらうことで、そのできものがニキビかどうかということは分かるはずです。ニキビのつもりが、実は別のできものだったとしたら、適切に処置してもらわなくては。。。.....

男性のニキビ・女性のニキビ
ニキビで悩むのは女性ばかりではありません。 男性もまたニキビに悩んでいます。一般的に男性のほうが皮脂が多く、また女性ほどスキンケアに気を使わない人が多いですので、むしろニキビはできやすいのかも知れないですね。一方で、女性の場合、月経前症候群と呼ばれるようなホルモンのバランスの関係で、生理前にニキビができやすくなる人も少なくないです。.....

肌のしくみを知ってニキビ対策
皮膚は大きく分けると上から、「表皮」「真皮」「皮下組織」で構成されています。 このうち「表皮」と「真皮」が毎日のスキンケアと深く関係しています。 美肌作りで大事な「表皮」と「真皮」について説明します。見た目の肌・・「表皮」顔の表皮は、0.1ミリ程度の厚さしかありません。その中でも肌の表面にあたるのが角質層です。その下には表皮細胞があり、一番下には基底層.....

あなたが考えるほどそのニキビは大きくない
そのニキビ、あなたが思ってるほど、ホントは大きくないかもそんなのウソだと思います? 自分の顔を鏡で見るのではなく、写真に撮って見るときっと気づきます。でもどうして? 理由があります。鏡でニキビを見るときは、「イヤだ」「困った」「どうしよう」とニキビに集中して見るため、あなたの意識がニキビを、めいいっぱいクローズアップしています。.....

高額のニキビケアの失敗・・でも得たこと
ニキビケアの甘い言葉の誘惑に・・・ニキビケア化粧品、エステ、・・・ニキビに悩んでると、宣伝広告、甘い言葉や誘惑に日々惑わされます。そんなある日、エステの無料お試し体験を見つけて、行ってみました。 そして、エスティシャンの魅力的な誘いに、数十万円コースに印鑑をポン!でもその後、父親に怒られ、クーリングオフ。 お陰で、危なく借金生活になる前に脱出に成功しま.....


Copyright © 2007 スキンケアだけのニキビ対策に足りないことっ!. All rights reserved