憂鬱な写真・プリクラだったけど・・・

ニキビで気の乗らなかった写真でも、意外にいいことも

写真やプリクラって、いろいろな思い出が残ってうれしいもの。 でも、ニキビの状態によっては、あまり撮りたくない日もあったりして・・・。

自分ひとりなら撮ろうなんて 思わないけど、お友達とプリクラを撮りに行ってニキビがひどいからといって「自分だけ入らない」なんてことは できない。ですね。

楽しく盛り上がった雰囲気に、水を差して つまんなくしちゃいますからね。 お友達との関係にも影響しそう。一番マズイパターンかも・・・

そうやって勢いで撮ったプリクラや写真。 意外な発見があったり、あとから振り返ったとき、撮っておいて良かったと思えることも。

鏡で見たときより、目だってないかも

写真で自分の顔を見てみると、鏡で見たときよりニキビが目立たなく感じる事があります。

鏡を見てるときって、ニキビに集中して見ちゃうので、実物以上に存在感だけ大きくなってることも。

そんな意外な発見に、ちょっと勇気がもらえるかも。

ニキビ顔でも笑顔になれる

以前、写真整理をしていたら、私のニキビが一番ひどかった20歳のころの写真が出てきました。

ニキビのせいで真っ赤になるほどのニキビ顔の写真。 なのに信じられないほどの どアップ。 そして笑顔。

その写真は飲み会での写真でした。 お酒の力もあったのか、ニキビのことなんかすっかり忘れた感じ。 とても楽しかったことを思いだせます。

ニキビに悩むのを忘れるほど、目の前のことに夢中になってる自分を思い出すのでした。

この写真を見ると、ニキビで落ち込みそうになっても、「たいしたことないじゃん」と元気が出るのでした。

ニキビ顔の写真も、悪いことばかりじゃないです。

医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
「b.glen誕生秘話」が面白いですし、「喜びの声」に元気がもらえます♪

******* ******* *******

ピックアップ トピック

男性より女性のほうが厳しいニキビへの評価
普段から肌への関心が高い女性だから ニキビには厳しい日常的にスキンケアが当たり前の女性だから、肌のキレイさや、ニキビに対する評価が、男性より厳しいのは自然なこと。女性のように 肌のチェックに厳しい目を持った 男性って そんなにいると思いますか? 例えば、メイクした女性の下地を 見極められる男性が はたしてどの程度いることか。。。そもそも肌.....

ニキビで自分を嫌いになりそうなとき・見落としてる大事なこと
自分が嫌いになりそうなのは、「ニキビのせい?」それとも「自分への評価が厳しすぎるから?」自分に厳しいことは、成長のために大事なことですね。 でも「自分が嫌いになるほど」厳しいのでは問題です。向上心が強いのはいいですが・・・。 でもね。 自分の変化や成長が、ついていけるまで、自分を待ってあげる余裕も大事です。ニキビにつまづいて、悪循環をクルクルと回し出し.....

ニキビに捕らわれた心を解放して広がる景色
ニキビの害って、ニキビそのものより、心の元気を奪うことのほうが大きいですニキビがでると、気持ちが沈みがち。 ニキビが心に与えるダメージは大きいですね。.....

ニキビに漢方?
漢方にもニキビ対策があります。ニキビと一言でいってもニキビがおでこにでる人や頬に出る人、顎に出る人、背中に出る人もいます。また、便秘ぎみ、ストレスなどの内面的な原因でニキビができる人もいたり、人それぞれ症状が違います。.....

便秘とニキビ
女性の多くの人が便秘に悩んでます。 そして女性だけではなく男性にも便秘の人は多いですね。「便秘は肌によくない」とよく言われます。 肌だけじゃなく、美容や健康にも便秘はよくないです。とはいえ便秘って何かと後回し。 便秘がちでも特に対策なしという人は多いですね。.....


Copyright © 2007 スキンケアだけのニキビ対策に足りないことっ!. All rights reserved