睡眠の量だけじゃなく、時間帯がポイント?

睡眠不足はスキンケアの大敵

肌の再生は、夜、寝ている間に行われるといわれてます。 つまり、睡眠が不足するということは、肌の再生を低下させることにつながります。

睡眠不足は肌の敵ですが、では どのくらいの睡眠時間が必要なのでしょうか?

肌の再生に必要な時間はよく6時間といわれてます。 ですので6時間以上の睡眠を心がけたいのですが、個人差や年齢差、なかなか寝付けなかったなどのことも考えると、7時間程度以上の睡眠時間を確保したいところですね。

寝だめは意味がある?

たっぷり寝ることで、溜まってた体の疲れはとることはできます。 では、肌には効果がある?

肌の再生は日々行われるものです。 ある日だけ2倍の睡眠をとったからと言って、2倍分 肌が再生するわけではないです。

ですので、寝だめは肌にとって直接的な意味はないでしょう。 毎日十分な睡眠時間をとることが大事です。

午後10時~午前2時までの睡眠が重要と聞いたけど・・・

午後10時~午前2時までの睡眠が、肌や体にとってすごく効果的という、有名な説もあります。

原始時代から長い年月をかけて つくりあげた人間の体のリズムなんだとか。 もしかしたら一度は、美容・健康をテーマにしたテレビ・本などで、見たり聞いたりした事があるのではないでしょうか?

とはいえ、今の世の中、午後10時に寝る事が 果たして現実的なのでしょうか? 好む・好まざるに関わらず仕事などの関係で 夜型生活を送る人も多いと思います。

ですので、午後10時~午前2時にこだわらないけど、でも生活のリズムは乱れないように、決まった時間に寝て・起きる生活を心がければ 良いとする考え方もあります。

個人差もあることですので、自分にあった解釈をするしかないと思います。 ただ少なくとも、睡眠の量と規則性はクリアしたいところですね。

可能なら朝型の生活に挑戦するのもいいかも。 朝型の生活に、たくさんのメリットを感じて継続する人も多いですよ。

医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
「b.glen誕生秘話」が面白いですし、「喜びの声」に元気がもらえます♪

******* ******* *******

ピックアップ トピック

なかなか治らないニキビ・続くニキビに負けない方法
長いニキビ生活で手に入れた、ニキビに負けない方法私のニキビは高校から。 20歳頃が一番ひどくて、ニキビで顔が真っ赤なときも。 30代の2児の母になっても、いまだにニキビとはつきあってます。(ニキビ痕も多いです。)風邪ならね。どんなに ひどくても何日かしたら 治って元気になれるのに、ニキビって治ってきたなぁって思っても、またで.....

ニキビを潰したくなるのはなぜ?
ニキビ痕にしたくないし、ダメだって分かってるけど・・・また潰してしまったニキビは潰さず治したほうがいいって、頭では分かってるけど、ニキビを見るとつい潰したくなってしまう。 そういう人、多いですね。ニキビ痕にしたくないから、潰すのはダメだって分かるから、「潰したい」という衝動に打ち勝って、抑えるときも結構あるんです。「潰したい」衝動に勝って抑えるときもあ.....

ストレスケアとニキビ
ストレスもニキビに影響します。 特に大人ニキビの場合、たまったストレスは、ニキビの原因の一つと言われてます。ですのでストレスケアは、ニキビケアの大切な要素。ストレスって全てをなくすことは難しいですが、工夫や心の持ち方で、減らしたり解消したりすることはできるはず。.....

ビーグレンのニキビケアを体験
私がビーグレンのニキビケアを知ったのはネットの口コミ。 そのときから、すごく話題でした。ビーグレンはアメリカ発のスキンケア化粧品で、医療レベルの浸透技術を応用したスキンケア化粧品なんだとか。公式サイトに、ビーグレンの誕生秘話や商品の特徴、利用者の体験談などが掲載されてましたが、引き込まれるように読んでしまいました。.....

ニキビで好きな人と話しにくい!ときどうする?
好きな人からのニキビへの視線が辛い・・・~でもね。 あなたが へこんだ気分で話してると、相手は「(あなたに元気がないのは)おしゃべりがつまらないから」と勘違いするかも。~ところで実はそのニキビ、あなたが気にするほど目立ってないかも~気にすれば するほど、大きくなるニキビの存在感!~.....


Copyright © 2007 スキンケアだけのニキビ対策に足りないことっ!. All rights reserved