睡眠の量だけじゃなく、時間帯がポイント?

睡眠不足はスキンケアの大敵

肌の再生は、夜、寝ている間に行われるといわれてます。 つまり、睡眠が不足するということは、肌の再生を低下させることにつながります。

睡眠不足は肌の敵ですが、では どのくらいの睡眠時間が必要なのでしょうか?

肌の再生に必要な時間はよく6時間といわれてます。 ですので6時間以上の睡眠を心がけたいのですが、個人差や年齢差、なかなか寝付けなかったなどのことも考えると、7時間程度以上の睡眠時間を確保したいところですね。

寝だめは意味がある?

たっぷり寝ることで、溜まってた体の疲れはとることはできます。 では、肌には効果がある?

肌の再生は日々行われるものです。 ある日だけ2倍の睡眠をとったからと言って、2倍分 肌が再生するわけではないです。

ですので、寝だめは肌にとって直接的な意味はないでしょう。 毎日十分な睡眠時間をとることが大事です。

午後10時~午前2時までの睡眠が重要と聞いたけど・・・

午後10時~午前2時までの睡眠が、肌や体にとってすごく効果的という、有名な説もあります。

原始時代から長い年月をかけて つくりあげた人間の体のリズムなんだとか。 もしかしたら一度は、美容・健康をテーマにしたテレビ・本などで、見たり聞いたりした事があるのではないでしょうか?

とはいえ、今の世の中、午後10時に寝る事が 果たして現実的なのでしょうか? 好む・好まざるに関わらず仕事などの関係で 夜型生活を送る人も多いと思います。

ですので、午後10時~午前2時にこだわらないけど、でも生活のリズムは乱れないように、決まった時間に寝て・起きる生活を心がければ 良いとする考え方もあります。

個人差もあることですので、自分にあった解釈をするしかないと思います。 ただ少なくとも、睡眠の量と規則性はクリアしたいところですね。

可能なら朝型の生活に挑戦するのもいいかも。 朝型の生活に、たくさんのメリットを感じて継続する人も多いですよ。

医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
「b.glen誕生秘話」が面白いですし、「喜びの声」に元気がもらえます♪

******* ******* *******

ピックアップ トピック

男性のニキビ・女性のニキビ
ニキビで悩むのは女性ばかりではありません。 男性もまたニキビに悩んでいます。一般的に男性のほうが皮脂が多く、また女性ほどスキンケアに気を使わない人が多いですので、むしろニキビはできやすいのかも知れないですね。一方で、女性の場合、月経前症候群と呼ばれるようなホルモンのバランスの関係で、生理前にニキビができやすくなる人も少なくないです。.....

肌のしくみを知ってニキビ対策
皮膚は大きく分けると上から、「表皮」「真皮」「皮下組織」で構成されています。 このうち「表皮」と「真皮」が毎日のスキンケアと深く関係しています。 美肌作りで大事な「表皮」と「真皮」について説明します。見た目の肌・・「表皮」顔の表皮は、0.1ミリ程度の厚さしかありません。その中でも肌の表面にあたるのが角質層です。その下には表皮細胞があり、一番下には基底層.....

あなたが考えるほどそのニキビは大きくない
そのニキビ、あなたが思ってるほど、ホントは大きくないかもそんなのウソだと思います? 自分の顔を鏡で見るのではなく、写真に撮って見るときっと気づきます。でもどうして? 理由があります。鏡でニキビを見るときは、「イヤだ」「困った」「どうしよう」とニキビに集中して見るため、あなたの意識がニキビを、めいいっぱいクローズアップしています。.....

高額のニキビケアの失敗・・でも得たこと
ニキビケアの甘い言葉の誘惑に・・・ニキビケア化粧品、エステ、・・・ニキビに悩んでると、宣伝広告、甘い言葉や誘惑に日々惑わされます。そんなある日、エステの無料お試し体験を見つけて、行ってみました。 そして、エスティシャンの魅力的な誘いに、数十万円コースに印鑑をポン!でもその後、父親に怒られ、クーリングオフ。 お陰で、危なく借金生活になる前に脱出に成功しま.....

からかわれ上手で人気度・モテ度アップ
からかわれても 実は受け方しだいで 周りの見方は全然変るニキビだけに限らず、気にしていることを からかわれるのって、普通はイヤなことですね。 からかわれると、怒ったり、しょげたり、悲しくなったり、・・・というネガティブな反応が自然かもしれません。私も顔のことではかなり、からかわれてきました。 ニキビだけじゃなく、ホクロやソバカスも多かったので 似顔絵も.....


Copyright © 2007 スキンケアだけのニキビ対策に足りないことっ!. All rights reserved