なかなか治らない・次々にでるニキビ

長いニキビ生活で手に入れた、ニキビに負けない方法

私のニキビは高校から。 20歳頃が一番ひどくて、ニキビで顔が真っ赤なときも。 30代の2児の母になっても、いまだにニキビとはつきあってます。(ニキビ痕も多いです。)

風邪ならね。どんなに ひどくても何日かしたら 治って元気になれるのに、ニキビって治ってきたなぁって思っても、またでてきたり・・・なかなかしつこいものです。

悩んでるだけじゃなく、いろいろ試しましたよ。 皮膚科にももちろん行きましたし、ニキビケア化粧品は、ドラッグストアで手に入るものだけじゃなく、高額なものから人気・話題のネット通販のものもいろいろ。

エステのお試しにも行ってみましたが、こちらは数十万円という高額すぎて手が出ませんでした。(とはいっても、エステシャンの甘い勧誘に、一度は申込んでしまい、でも高すぎてクーリングオフでストップしました。)

そんな風に、ニキビとは長いつきあいですが、ニキビはあっても ちゃんと彼氏もいましたし、恋にも仕事にも いろいろ充実した生活を送ってきたことが、私のチョットした自慢です。

ニキビは忘れるのが一番!

ニキビケアしてるとき以外は、ニキビのことは、忘れるのが一番です。

あなたがニキビを気にせずに行動すれば、ぜんぜん違和感なく接してくれる人がほとんどのはず。 ですので、もしニキビを理由に不愉快な態度をする人がいたら、その人を相手にしなければいいんです。 関わるだけ 気分も 時間も もったいないですから。

とはいえ、気になってるニキビだから、「忘れよう!」と思うだけで、簡単に忘れることなんかできない!と思うかもしれませんね。

大丈夫です。 何かに夢中になれば、自然に忘れられます。 私のおススメは「恋」です。

ニキビを忘れるには、恋に夢中になるのが一番!

好きな人と仲良くなるために いろいろ考えてたら、ニキビで悩んでるヒマなんかなくなっちゃいました。

私が単純すぎるから? でも単純なほうがいいこともあるんです。

とにかく、顔やニキビは変えることはできないので、共通の話題づくりや、お喋りの話題を考えたり、服装や髪型などを工夫したり、・・・おかげでニキビ顔でも彼氏はできました。

でももし、相手がニキビをイヤと思う人なら、そのときは次の恋を見つければいいんです。 男の人って ニキビや肌のキレイさに 拘らない人って意外に多いですから。

ニキビそのもより、ニキビに悩みすぎて、ブルーな気分になってることのほうが、手の届くチャンスを逃す原因です。

ニキビがあっても、充実した生活ならOKじゃない?

ニキビはあっても、ニキビのことを忘れて 何かに夢中になる事を おぼえたせいか、今までニキビで損したと思ったことは そんなにないですね。

ニキビで損したことといえば、ある時期スキンケアに いっぱいお金を使ったことかなぁ・・・。

今では、スキンケアの優先順位が落ちちゃって(落ち過ぎ?)、安くていいスキンケアを見つけることに力を注いでいます。

そもそもニキビケアって継続が大事。 ですのでムリして、他の事に使える 時間や お金を 減らすのはもったいないかなぁ・・・。なんてね。

ときには、「ニキビがなかったらなぁ」なんて ブルーな気分になることも ありますが、長くは考えないことにしてます。 気分を直せば、楽しいことはたくさんありますからね。

そんなこんなで、あいかわらずニキビとの おつきあいは続いているのでした(汗)。

医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
「b.glen誕生秘話」が面白いですし、「喜びの声」に元気がもらえます♪

******* ******* *******

ピックアップ トピック

男性より女性のほうが厳しいニキビへの評価
普段から肌への関心が高い女性だから ニキビには厳しい日常的にスキンケアが当たり前の女性だから、肌のキレイさや、ニキビに対する評価が、男性より厳しいのは自然なこと。女性のように 肌のチェックに厳しい目を持った 男性って そんなにいると思いますか? 例えば、メイクした女性の下地を 見極められる男性が はたしてどの程度いることか。。。そもそも肌.....

ニキビで自分を嫌いになりそうなとき・見落としてる大事なこと
自分が嫌いになりそうなのは、「ニキビのせい?」それとも「自分への評価が厳しすぎるから?」自分に厳しいことは、成長のために大事なことですね。 でも「自分が嫌いになるほど」厳しいのでは問題です。向上心が強いのはいいですが・・・。 でもね。 自分の変化や成長が、ついていけるまで、自分を待ってあげる余裕も大事です。ニキビにつまづいて、悪循環をクルクルと回し出し.....

ニキビに捕らわれた心を解放して広がる景色
ニキビの害って、ニキビそのものより、心の元気を奪うことのほうが大きいですニキビがでると、気持ちが沈みがち。 ニキビが心に与えるダメージは大きいですね。.....

ニキビに漢方?
漢方にもニキビ対策があります。ニキビと一言でいってもニキビがおでこにでる人や頬に出る人、顎に出る人、背中に出る人もいます。また、便秘ぎみ、ストレスなどの内面的な原因でニキビができる人もいたり、人それぞれ症状が違います。.....

便秘とニキビ
女性の多くの人が便秘に悩んでます。 そして女性だけではなく男性にも便秘の人は多いですね。「便秘は肌によくない」とよく言われます。 肌だけじゃなく、美容や健康にも便秘はよくないです。とはいえ便秘って何かと後回し。 便秘がちでも特に対策なしという人は多いですね。.....


Copyright © 2007 スキンケアだけのニキビ対策に足りないことっ!. All rights reserved