「近くで顔を見られたくない!」@ニキビ

「(ニキビがあるから)近づかないで!見ないで!」「今日はホントの私(俺)じゃない」

たしかに。 ニキビがあると、つい人を遠ざけたくなります。

人に会ったとき、ニキビへの視線が気になって・・・。 人のいる場所には、なるべく行きたくないですね。

休日や、予定のない日なら、家でのんびりでもいいですが、ニキビって予定や都合に合わせてくれないです。 「こんな大事な日にかぎって、ニキビが!」ということも。

だから、本当に人から遠ざかったり、へこんだ気分のままってわけに いかないですね。

へこんだ気分のままでは、ツキもチャンスも逃しちゃう!

ニキビがある上に、気分までへこんでたら、いいことないです。

でも、一度へこんだ気分に、「がんばれ!」というだけじゃ盛り上がらないですね。

「いっそのこと、(ニキビを)つぶしちゃう?」

いやいや早まってはいけないです。 ニキビ痕になっては大変です。

「ニキビは一時(いっとき)の恥、ニキビ痕は一生の恥」なんてね。

ところで実はそのニキビ、あなたが思ってるほど、ホントは大きくないんです。

ウソだと思います? 自分の顔を写真に撮って見ると気づくはず。

鏡でニキビを見ているときは、「イヤだ」「困った」「どうしよう」とニキビに集中して見るので、あなたの意識がニキビを、めいいっぱいクローズアップしちゃってます。

ところが、デジカメやケータイで一度自分の顔を写真に撮って見ると、思ったよりそのニキビが大きくないことに気づくでしょう。

「あれっ、意外と大したことないかも」なんてね。

気にすれば するほど、大きくなるニキビの存在感!

ニキビのことを気にするほど、あなたの中でそのニキビの存在感は、どんどん大きくなります。 その分、余計に悩みも膨らみます。

だからニキビを気にし過ぎないように、心を誘導しましょう。 自分の心の操縦です。 例えばね・・・

  • 鏡じゃなく、ケータイやデジカメでとった写真で、自分の顔を確認してみる。 少しホッとできるかも。
  • 一番悪かったときのニキビを思い出して、そこまで悪くないことを励みにする。
  • 「ニキビじゃなく、もしヤケドだったら・・・」と少しリアルに想像してみる。「ニキビぐらいでよかった」と思えるかも。
  • 自分のいいところ・気にいってるところを、たくさん挙げて気分直し。
  • 何か夢中になれるものを見つける。


ちなみに私の場合、恋に夢中になることで、ニキビを忘れました。

恋に夢中になると、もうニキビのこと悩んでるヒマなんかないです。 逆に気になるんじゃないかって?そんなこと無いです。

私が単純なせい? 単純なほうが、いいこともあるんです。

好きな人ができれば、仲良くなれる方法をいろいろ考えます。

顔は変えられなくても、話しの話題とか、服装とか、髪型とかは、いろいろ工夫できます。

そういうことばかり考えてたら、いつの間にかニキビに悩んでる暇がなくなってました。 (おかげさまで、ニキビ顔の私にも、ちゃんと彼氏はできました。)

一度ニキビを忘れることに成功したせいでしょうね。 ニキビは今でもイヤですが、悩んで へこんでることは なくなりました。

とにかく、夢中になれるものなら、なんでも大丈夫。 趣味やスポーツ、映画・ビデオ、お笑い、・・・。 ニキビを忘れて、心の元気を取り戻しましょう。

心の元気を取り戻せば、そのニキビとの数日間も上手につきあえるはず

心が元気になれば、自然に前向きになれます。

ニキビケアももっと頑張れるでしょうし、心が元気を取り戻してストレスが減ることは、ニキビにもいいことですね。

逆に、ニキビがストレスを生む状況のままでは、ストレスもニキビの一因になりかねない悪循環。ですね。

心を元気にして、このニキビを乗り切りましょう。

医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
「b.glen誕生秘話」が面白いですし、「喜びの声」に元気がもらえます♪

******* ******* *******

ピックアップ トピック

プロアクティブのニキビケアをチェック
プロアクティブのニキビケアといえば、真鍋かおりさんや、小倉優子さんのテレビCMなどでお馴染みのニキビケアですね。ものすごく売れてるニキビケアです。 「日米売上実績No.1」というフレーズが印象的ですね。もちろん「売れてるから、いい!」とは限りませんが、売れるにはそれなりの理由があるはずです。.....

ニキビ!なんで私だけ・・って悲しくなったときにどうぞ
なんで私だけ、こんなにニキビで辛い思いをしないといけないの・・・~悩んでるだけでニキビが消えるなら、いくらでも悩んでいたいところですが・・・~ニキビとの向き合い方にはコツがあります。~心の元気を取り戻して、ニキビと上手につきあう~.....

男性より女性のほうが厳しいニキビへの評価
普段から肌への関心が高い女性だから ニキビには厳しい日常的にスキンケアが当たり前の女性だから、肌のキレイさや、ニキビに対する評価が、男性より厳しいのは自然なこと。女性のように 肌のチェックに厳しい目を持った 男性って そんなにいると思いますか? 例えば、メイクした女性の下地を 見極められる男性が はたしてどの程度いることか。。。そもそも肌.....

ニキビに捕らわれた心を解放して広がる景色
ニキビの害って、ニキビそのものより、心の元気を奪うことのほうが大きいですニキビがでると、気持ちが沈みがち。 ニキビが心に与えるダメージは大きいですね。.....

便秘とニキビ
女性の多くの人が便秘に悩んでます。 そして女性だけではなく男性にも便秘の人は多いですね。「便秘は肌によくない」とよく言われます。 肌だけじゃなく、美容や健康にも便秘はよくないです。とはいえ便秘って何かと後回し。 便秘がちでも特に対策なしという人は多いですね。.....


Copyright © 2007 スキンケアだけのニキビ対策に足りないことっ!. All rights reserved