ニキビは皮膚科で治る?

ニキビに悩んで皮膚科に行く人は多いです。 ですが、意外に病院だからといってニキビが治るとは限りません。

ただ、すくなくとも皮膚科の医師に診てもらうことで、そのできものがニキビかどうかということは分かるはずです。

ニキビのつもりが、実は別のできものだったとしたら、適切に処置してもらわなくては。。。

それと皮膚科の先生のアドバイスには、ためになる事が多いですので、ニキビケアの勉強になります。

せっかくの機会ですから、疑問に思ったことはどんどん聞いてみましょう。 皮膚科の医師は皮膚の専門家ですからね。

とはいえ、その皮膚科の先生が、ニキビ治療で評判の先生とは限りませんので、期待しすぎるとガッカリするかも。

意外に皮膚科の先生の処方や処置より、市販のニキビケアを利用したほうが、ニキビが出なくなったという話も耳にします。

また皮膚科の場合、診療を受けるにも、薬を購入するにも、気軽さはあまりないですね。

皮膚科を受診して、ニキビと診断されるものの、処方された薬で改善しないときは、別の方法を探す人が多いようです。

医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
「b.glen誕生秘話」が面白いですし、「喜びの声」に元気がもらえます♪

******* ******* *******

ピックアップ トピック

男性のニキビ・女性のニキビ
ニキビで悩むのは女性ばかりではありません。 男性もまたニキビに悩んでいます。一般的に男性のほうが皮脂が多く、また女性ほどスキンケアに気を使わない人が多いですので、むしろニキビはできやすいのかも知れないですね。一方で、女性の場合、月経前症候群と呼ばれるようなホルモンのバランスの関係で、生理前にニキビができやすくなる人も少なくないです。.....

ビーグレンの『10-YB』を体験(ニキビが消えてく写真も♪)
ニキビケアセットで手応えの良かった ビーグレンから新しい商品が出たということで、さっそくビーグレンの公式サイトをチェック。新しい商品の名は『10-YB』。 2つのローションでスキンケアなんだそうです。 最初に目に入った『10年前の素肌へ』という キャッチフレーズに心動いて、さらに説明を読んでみると、ニキビをできにくくする成分も配合されてるみたい。 ふむ.....

肌のしくみを知ってニキビ対策
皮膚は大きく分けると上から、「表皮」「真皮」「皮下組織」で構成されています。 このうち「表皮」と「真皮」が毎日のスキンケアと深く関係しています。 美肌作りで大事な「表皮」と「真皮」について説明します。見た目の肌・・「表皮」顔の表皮は、0.1ミリ程度の厚さしかありません。その中でも肌の表面にあたるのが角質層です。その下には表皮細胞があり、一番下には基底層.....

ニキビのとき撮りたくない写真やプリクラでしたが・・・
ニキビで気の乗らなかった写真でも、意外にいいことも写真やプリクラって、いろいろな思い出が残ってうれしいもの。 でも、ニキビの状態によっては、あまり撮りたくない日もあったりして・・・。自分ひとりなら撮ろうなんて 思わないけど、お友達とプリクラを撮りに行ってニキビがひどいからといって「自分だけ入らない」なんてことは できない。で.....

あなたが考えるほどそのニキビは大きくない
そのニキビ、あなたが思ってるほど、ホントは大きくないかもそんなのウソだと思います? 自分の顔を鏡で見るのではなく、写真に撮って見るときっと気づきます。でもどうして? 理由があります。鏡でニキビを見るときは、「イヤだ」「困った」「どうしよう」とニキビに集中して見るため、あなたの意識がニキビを、めいいっぱいクローズアップしています。.....


Copyright © 2007 スキンケアだけのニキビ対策に足りないことっ!. All rights reserved