クレイ洗顔 と 2つのローション !?

ニキビケアセットで手応えの良かった ビーグレンから新しい商品が出たということで、さっそくビーグレンの公式サイトをチェック。

新しい商品の名は『10-YB』。 2つのローションでスキンケアなんだそうです。 最初に目に入った『10年前の素肌へ』という キャッチフレーズに心動いて、さらに説明を読んでみると、ニキビをできにくくする成分も配合されてるみたい。 ふむふむ・・・

さらに、「ビーグレンの浸透テクノロジーで、化粧水なのに保湿やコンディショニングだけじゃなく、機能性クリームに匹敵する・・・」。 もう、興味が止まらなくなり、早速トライアルセットを取寄せてみました。

ビーグレンの10-YBトライアルセット

このクレイの洗顔は、ニキビセットのときも使いましたが、楽々ですし、使い心地も良いんですよね。

ビーグレンの『10-YB』を使い始める直前の私。 アゴに ニキビが3つも出てて・・・ ホント嫌になりそ。

ニキビにも効くとうれしいなぁ・・・と期待も。

クレイの洗顔です。 久しぶりですが、泡立て要らずで やっぱり楽々。 洗いあがりも すっきりでした。

クレイ洗顔は クセになります。

洗顔の後は、二つの美容液をつけます。 朝ですし、「さっぱりタイプ」を先に、そして次に「しっとりタイプ」。

最初のさっぱりタイプは、つい、つけ過ぎちゃいました。 でも、つけ心地はいいです。

ビーグレンの『10-YB』の3日目です。 なかなか いい感じです。

ニキビケアセットではないですし、ニキビはしょうがないかな。 でも順調に おさまってきてます。

ビーグレンの『10-YB』の11日目です。 やっぱり いい感じです。

ニキビも落ち着きました。 ところが、とうとうクレイ洗顔がなくなってしまいました。

ホントはクレイ洗顔を、追加で注文したかったのですが。。。 残念ながら、泣く泣く断念することに。 今月、小遣い使い過ぎちゃったからなぁ。。。

とりあえず、市販の洗顔を買ってきて使うことにしました。 肌ラボの洗顔です。

こうして、クレイ洗顔はなくなったものの、肌ラボとビーグレンの化粧水の組合せが、続くのでした。

ビーグレンの『10-YB』の17日目です。 ニキビも出ないし いい感じです。

ここにきて「しっとりタイプ」の化粧水がなくなり、「さっぱりタイプ」も残すところわずかとなってしまいました。

ビーグレンの『10-YB』、使い心地も、肌の感じも期待通り よかったと思います。

ニキビに対しては、ビーグレンのニキビケアセットのときほど 手応えは 感じられません でしたが、それでも、順調に消えて いきましたし、それ以降は 落ち着いてます。

続けると、肌の調子はずっと良いんだろうなぁと思いつつも、でも、継続するには私にはチョット高いかなぁ・・・。

ということで、もっとリーズナブルな肌ラボのスキンケアへとシフトしていくのでした。

さすがに、比べると違いますが、リーズナブルな肌ラボで、今のコンディションが維持できれば、ラッキーかも。

と、思った矢先、はやくも ニキビがポツポツ。。。ああぁぁぁ..

ビーグレンの『10-YB』やっぱり 良かったんだなぁ と思いつつも、気持ちを切り替えて、しばらくは 肌ラボで がんばっていきます。

(次の体験「私のニキビケア:ビーグレン10-YBから肌ラボへ」へと続きます。)

化粧品
(↑)私が体験した ビーグレンの『10-YB』 お試しの価値ありです♪
医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
「b.glen誕生秘話」が面白いですし、「喜びの声」に元気がもらえます♪

******* ******* *******

ピックアップ トピック

男性より女性のほうが厳しいニキビへの評価
普段から肌への関心が高い女性だから ニキビには厳しい日常的にスキンケアが当たり前の女性だから、肌のキレイさや、ニキビに対する評価が、男性より厳しいのは自然なこと。女性のように 肌のチェックに厳しい目を持った 男性って そんなにいると思いますか? 例えば、メイクした女性の下地を 見極められる男性が はたしてどの程度いることか。。。そもそも肌.....

ニキビで自分を嫌いになりそうなとき・見落としてる大事なこと
自分が嫌いになりそうなのは、「ニキビのせい?」それとも「自分への評価が厳しすぎるから?」自分に厳しいことは、成長のために大事なことですね。 でも「自分が嫌いになるほど」厳しいのでは問題です。向上心が強いのはいいですが・・・。 でもね。 自分の変化や成長が、ついていけるまで、自分を待ってあげる余裕も大事です。ニキビにつまづいて、悪循環をクルクルと回し出し.....

ニキビに捕らわれた心を解放して広がる景色
ニキビの害って、ニキビそのものより、心の元気を奪うことのほうが大きいですニキビがでると、気持ちが沈みがち。 ニキビが心に与えるダメージは大きいですね。.....

ニキビに漢方?
漢方にもニキビ対策があります。ニキビと一言でいってもニキビがおでこにでる人や頬に出る人、顎に出る人、背中に出る人もいます。また、便秘ぎみ、ストレスなどの内面的な原因でニキビができる人もいたり、人それぞれ症状が違います。.....

便秘とニキビ
女性の多くの人が便秘に悩んでます。 そして女性だけではなく男性にも便秘の人は多いですね。「便秘は肌によくない」とよく言われます。 肌だけじゃなく、美容や健康にも便秘はよくないです。とはいえ便秘って何かと後回し。 便秘がちでも特に対策なしという人は多いですね。.....


Copyright © 2007 スキンケアだけのニキビ対策に足りないことっ!. All rights reserved