ニキビケア改善を期待してプロアクティブを使ってみたけど・・・

プロアクティブといえば、関ジャニ∞ 村上信五さん・小倉優子さん・眞鍋かをりさん のテレビCMでもお馴染みのニキビケア化粧品ですね。売上もトップクラスとか。

かなり前からプロアクティブを使ってみたいという気持ちはあったのですが、なんとなく思春期ニキビ用かなって思いこんでいました。

でもよく調べてみると、大人ニキビにも効果がありそうだと知り、さっそく、期待度100%で申し込み、使ってみることに・・・。

使用方法は、洗顔・化粧水・クリームの3ステップだけ。簡単なところも魅力の一つです。

まずは、洗顔料を泡だてネットで泡だてて顔にのせたら・・・・ ん、なんだかヒリヒリして・・・ちょっときついくらい。 でも、期待していたプロアクティブだし、そのまま化粧水もつけてみました。 すると同様にヒリヒリ・・・・。 で、一週間ほどは頑張って使ってみたのですが、ニキビは出ないものの、ヒリヒリはあい変わらずで、結局しばらく休むことに・・・。

でも、せっかく買ったのに「もったいない」と思い、プロアクティブのサポートに電話相談してみることにしました。

肌のヒリヒリ感は間違った使い方が原因

プロアクテイブは サポート体制が万全とのことで、電話やWEBで相談できるシステムです。 さすが売上トップクラスだけのことはありますね。 でも、まさか自分が利用するとは思ってもみなかったので、ヒリヒリしつつも電話相談することに気づくまで、けっこう時間がかかったのでした。

メールやチャットの相談もできるみたいですが、私は、すぐ答えが知りたかったので、電話しました。 オペレーターにつながって、まずは、普段私がプロアクティブをどういうふうに使っているかを聞かれました。

洗顔はどれぐらい時間をかけているか。化粧水はコットンにつけてふきとるようにしているか。そして、ふきとるときの回数。クリームは朝と晩でわけているか。等というかなり具体的な質問でした。

その質問をうけて、オペレーターの方からヒリヒリ感をなくす使い方を教えてもらいました。

洗顔は泡立てネットでよくあわだてる。顔全体に泡は20秒くらい。化粧水はふきとるようなイメージで丁寧に。クリームはニキビ予防なので、ニキビができやすいところやニキビができているところに使用など。・・・プロアクティブの使い方をちゃんと見れば、書いていた内容でしたが、きちんとできてなかったようです。

私がプロアクティブでヒリヒリしたのは、泡を顔につけている時間が長すぎたことが原因 のようでした。 以前から洗いすぎるくせがあるのでつい、ゴシゴシと長い時間洗ってしまうクセが・・・。

オペレーターの方に言われた通り、よく泡だてて顔につけたら20秒くらいで流しました。流すときもぬるま湯でしっかり洗い流しました。そしたら、あんなにヒリヒリしてたのがウソみたいに さっぱりした使い心地に感動です

ヒリヒリとは無縁だったクレイ洗顔

私のように、プロアクティブを使ったらヒリヒリしたっていう方はいるようです。(私の場合は使い方に問題があったみたいですが。。。)

そのため、プロアクティブでは刺激の少ないマイルドタイプというのもあるそうです。

ところで、私がプロアクティブを使う前に利用していたビーグレンのニキビケアセットでは、こんな私でもヒリヒリを感じることもなく、ニキビケアとしても満足してました。ただ、値段が高かったので、プロアクティブを試してみたのでした。

ちなみに、ビーグレンも、プロアクティブと同じく アメリカ発のスキンケアセットです。

ビーグレンも 簡単3ステップで、泡だて不要のクレイ洗顔や、医療レベルの浸透テクノロジーのニキビケアが特徴です。

ビーグレンの公式サイトには、ニキビに本気で悩み、そして克服した方々のコメントが寄せられており、見るだけでも勇気づけられます。
ビーグレン(b.glen)公式ホームページ(http://www.bglen.net/nikibi/index.html)へ

医療レベル と カンタンさ を備えた 【ビーグレン】

医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
「b.glen誕生秘話」が面白いですし、「喜びの声」に元気がもらえます♪
医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
「b.glen誕生秘話」が面白いですし、「喜びの声」に元気がもらえます♪

頭皮とニキビ
ニキビといえば、顔にできるのが一般的なイメージですが、実は、頭皮にもできる場合もあるようです。主な原因と言われているのが、髪の毛を洗うときに、シャンプーやリンスの流し残しのようです。頭皮ニキビ対策には、シャンプー等を髪の毛からしっかりと洗い流してあげる事が大事ですね。

コンシーラー
ニキビ跡をあきらめてませんか?実は、にきび跡に適した化粧品があります。それは、コンシーラーです。コンシーラーはニキビだけでなく、シミやソバカスも隠してくれる化粧品です。コンシーラーの使い方のポイントは、自然に馴染んでいくように何回か重ね付けしていくと良いようです。

生理とニキビ
生理が近づいてくると肌荒れやニキビができたという話をよく聞きます。私もその一人です。原因として、排卵後に「黄体ホルモン」が増加して、皮脂の分泌を活発にします。活発化すると、皮脂が毛穴に溜まりやすいので、吹き出物やにきびが出てきやすくなるようです。

肌質
脂性肌や、感想肌、人によって、肌質は様々ですね。中には敏感肌といわれる人もいます。敏感肌には、「ゆらぎ肌」「アトピー肌」「アレルギー肌」「にきび・吹き出物肌」「日焼け過敏肌」といろんなタイプがあります。自分の肌について調べておくと、より自分に合った化粧品を選ぶことができますね。

ニキビ肌のメイク法
ニキビがあっても、スッピンで仕事に行ったり、人前にでるのは抵抗がありますよね。そういう場合は、先ずは厚化粧をしない事が大切です。また、ニキビには油分は要らないので油分がない物や、または少しだけ入っている物を選ぶといいかも。毛穴を塞いでにきびを悪化させない様に注意したいですね。

Copyright © 2011 本気のニキビ対策. All rights reserved