話題のケミカルピーリング デメリットに注意

ケミカルピーリングは、薬剤をつかって古い皮膚(角質)を剥がし、半ば強制的に肌の再生を促す治療です。 強力な方法 だけに、方法やケアにも注意すべきことが多く、エステより美容外科や皮膚科などの医療機関で行うほうが安心です。

エステのピーリングは、医療機関より濃度の低い弱いものが使われますが、トラブルも発生しているようです。 それだけ、施術やケアが難しいということでしょう。 そして医療機関でも、経験豊富なところを選ぶことが大事です。

ケミカルピーリングでは、治療の経過で、皮膚に赤みが出たり、ピリピリした痛みを伴ったり します。 ちなみにその程度は、ピーリングにつかう薬剤の濃度や時間、その人の相性などにもよって違います。

また治療中は、皮膚の角質層がはがされ、皮膚のバリアー機能や水分保持機能が弱まり、紫外線の影響も非常に受けやすくなってます。 保湿ケア紫外線ケアは欠かせません。とにかく治療あとのスキンケアはすごく大事です。

治療が保険が使えない自由診療となると、費用は数万円程度はみておく必要があるでしょう。

ケミカルピーリングには向かない人

ケミカルピーリングは万能ではありません。 ケミカルピーリングに向かない人もいます。

治療で皮膚の角質層などが剥がされ、皮膚のバリアー機能が低下しますので、保湿ケアや紫外線ケアなどのスキンケアがしっかりできることが欠かせません。 また通常、通院による複数回の治療となりますので、時間も期間もかかります。 忙しい人には難しいかもしれません。

また治療により一度はよくなっても、時間が経つとニキビが繰り返すという場合もあります。 継続するには、お金も時間もかかります。

皮膚炎などの病気を持った人や、日焼けしたい人、場合によっては妊娠又はその予定のある人も受けられない場合もあります。 ケミカルピーリングを決める前に、しっかり専門医に相談することが大事です。

もっと取組みやすく 医療レベルの浸透テクノロジーのニキビ対策

ケミカルピーリングでは、たとえ悩みのニキビが改善するにしても、治療中の赤みや皮剥け、痛みなどが心配という人も多いです。

いろんなニキビケア化粧品を試してきたけど、まだケミカルピーリングには抵抗がある という方に オススメしたいニキビケア化粧品があります。

それは 医療レベルの浸透テクノロジーのニキビケア化粧品【ビーグレン】。

値段が高いにも関わらず、多くの方に喜ばれてます。私の場合はニキビができやすい生理前でも満足でした。 もちろんケミカルピーリングのような皮剥けや、ピリピリした痛みもなかったです。

ビーグレンの公式サイトには、ニキビに本気で悩み、そして克服した方々のコメントが寄せられており、見るだけでも勇気づけられます。
ビーグレン(b.glen)公式ホームページ(http://www.bglen.net/nikibi/index.html)へ

医療レベル と カンタンさ を備えた 【ビーグレン】

医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
「b.glen誕生秘話」が面白いですし、「喜びの声」に元気がもらえます♪
医療レベルの浸透技術を、初めてコスメに応用したアメリカ生まれの基礎化粧品b.glen
「b.glen誕生秘話」が面白いですし、「喜びの声」に元気がもらえます♪

洗顔の間違いに注意
ニキビを気にするあまり、逆にニキビによくない洗顔をしている人も多いです。ニキビケアには正しい方法で洗顔することも大事です。ゴシゴシ洗いはゼッタイ厳禁。特に男の人に多いかもしれませんね。しっかり洗顔しようとついつい力が入ってしまう洗顔。注意です。

睡眠とニキビ
ニキビ対策には、ニキビケア化粧品で肌のお手入れは基本ですね。それと、睡眠もニキビにとって大事と言われています。でも忙しい現代人にとって、規則正しい生活をするのは難しいところですが、肌の調子を整えるために、良質の睡眠時間をとるように心がけるといいかもしれませんね。

ニキビと洗顔料
ニキビができると、つい洗顔に神経がいきすぎて洗いすぎてしまうことはないですか?ニキビケアに良いと言われる洗顔料の条件として、まずは、泡がきめ細かいことですね。そして、弾力性があること。ニキビケアで洗顔料を選ぶなら泡の質は重要ですね。

コンシーラー
ニキビ跡をあきらめてませんか?実は、にきび跡に適した化粧品があります。それは、コンシーラーです。コンシーラーはニキビだけでなく、シミやソバカスも隠してくれる化粧品です。コンシーラーの使い方のポイントは、自然に馴染んでいくように何回か重ね付けしていくと良いようです。

ニキビについて
ニキビといっても色によって種類が違うようです。症状の軽い順番から並べると、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビと言われています。特に重い症状と言われている赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビを放置しておいた結果から、赤く炎症を起こしてしまうようです。

Copyright © 2011 本気のニキビ対策. All rights reserved