繰り返すニキビ

繰り返すニキビにイライラしててもいいことはないです。 ストレスが原因でますますニキビができやすく なりかねません。

二キビって体質とか、ニキビのためだけに改めることができない生活環境とか、自力ではどうすることもできない事の影響も大きいため、解決がなかなか難しい問題でもあります。

だからこそ、スキンケアや薬だけで「何とかしたい」とは思う人も多いです。 でも実際のところは、それだけでは難しい面もあります。

一方でスキンケアや薬がきっかけで、改善したと喜ばれてるケースも意外にあります。

いつまでも納得できないスキンケアを続ける人と、相性ぴったりのスキンケアを見つける人の違いって何でしょうか?

実は手を伸ばせば、届くところに、あなたにぴったりのスキンケアがあるのかもしれません。

ニキビケアで失敗しないために

ニキビケアの失敗とは?

効果がなかったり、相性の合わない化粧品を買ってしまうことでしょうか?

違うと思います。 スキンケアの相性は試してみないと分からない部分も多いため、使ってみて、あまり効果がないと分かることは失敗ではなく、対策の過程ひとつです。

むしろ何もしないで、ただ悩んでいるだけのほうが、全く前進することなく時間だけが流れてもったいないです。

もしかしたら、身近でしかも相性のいいスキンケア化粧品を見逃して、ホントは悩まなくていいことで悩んでるのかもしれません。

* * * * * * * * * * * * * * *

肌質
脂性肌や、感想肌、人によって、肌質は様々ですね。中には敏感肌といわれる人もいます。敏感肌には、「ゆらぎ肌」「アトピー肌」「アレルギー肌」「にきび・吹き出物肌」「日焼け過敏肌」といろんなタイプがあります。自分の肌について調べておくと、より自分に合った化粧品を選ぶことができますね。

トレチノイン
トレチノイン治療法はかなり強力なニキビの治療法の一つです。治療中に皮(角質)がぽろぽろ剥がれ、赤みがかり、痛みが伴うこともあります。治療中はできるだけ人に会いたくない状況になるので、治療を決意するにもそれなりの覚悟が要る治療法です。個人差もありますし、専門医の指導による治療が普通です。

イオントフォレーシス
イオントフォレーシス(イオン導入)は、微弱な電流にって有効成分を深く浸透させる方法。ニキビの場合は、ビタミンC誘導体などを導入するようです。ちなみに、ビタミンC誘導体を導入することで、にきびをできにくくする作用が期待できるようですが、ほかにも美肌にいい作用もあるんだとか。

レーザーピーリング
レーザーピーリングは、レーザー光による刺激で皮膚の角質層をはがし、ピーリングを行う治療でニキビやニキビ痕のほか、小じわなどにも使われます。ケミカルピーリングができないなよう超敏感肌などの場合でも、このレーザーピーリングなら適応できることもあるようです。

生理とニキビ
生理が近づいてくると肌荒れやニキビができたという話をよく聞きます。私もその一人です。原因として、排卵後に「黄体ホルモン」が増加して、皮脂の分泌を活発にします。活発化すると、皮脂が毛穴に溜まりやすいので、吹き出物やにきびが出てきやすくなるようです。

敏感肌とニキビ
敏感肌の中には、ニキビ・吹き出物肌タイプもあります。原因は、毛穴に皮脂が詰まったり、また、食生活の乱れやストレスからホルモンバランスが崩れて、ニキビや吹き出物ができてしまうようです。たくさんの野菜と水分を摂ったり、ストレス解消法を見つけたりすると、肌だけでなく健康な体作りにも、いいかもしれませんね。

ケミカルピーリング
ケミカルピーリングは古い皮膚(角質や表皮など)を薬剤を使ってはがし、肌の再生を半ば強制的に行うという強力な方法です。ニキビの治療だけではなく、シミやシワ、妊娠線など広く肌トラブルの治療に用いられています。

ダラシンローション
ダラシンローションはにきびの治療薬の一つです。ダラシンローションは一般の薬屋では手に入らないようです。医師の処方箋が必要だとか。ちなみにローションよりゲルのほうがあつかいやすいという意見もあります。佐藤製薬株式会社のダラシンTゲル1%というのもよく知られているようです。

デフェリンゲル
デフェリンゲルは、尋常性ざ瘡(にきび)の外用の治療薬です。フランスのガルデルマ社(GALDERMA)によって開発された薬で、ディフェリン(一般名:アダパレン)の公式サイトもあります。この薬は、白にきびや黒にきび、炎症を起こした赤にきびにも使われるようです。

首とニキビ
顔や背中ニキビはよく聞きますが首周りにもニキビがでることもあるようです。首のニキビは10代よりは大人の方がでやすいようなので大人ニキビの一つとなるようです。いくつ原因があって、特に首特有の原因として冷暖房の効きすぎもあるようです。冷暖房対策には着るもので調整したりする工夫をするといいかもしれませんね。

Copyright © 2011 本気のニキビ対策. All rights reserved